膝の可動域改善リハビリ|泉区在住 60代女性 職業:主婦

リハビリ症例(あろは整骨院)|仙台市青葉区本町の整骨院(接骨院)。プライベートを重視した完全個室となっております。

 

(初回時)
 腰痛を起因に右膝の水が溜まった(水腫)状態が何年も続いている。
・1年前から右足の拇指付け根に痛みが出現し、歩くのが酷い時もある。
・2年間、正座が出来なくなりとても不便に感じている。
・膝の屈伸運動・片足で立つことも不安定(恐い)な状態。

体芯治療を行い体の状態が良くなってきた為、運動療法(リハビリ)を開始する。

(運動療法)
膝の曲げ伸ばし運動。硬くなった関節を緩やかに運動を加えて動かしやすい状態にする。(他動運動)しゃがむ練習。 正座の練習。
クッションを使い。上体を支えてゆっくり座る練習を行い徐々に右膝へ加重を掛けて行く。
※自宅練習の方法と正座の正しい重心位置を指導。

(リハビリ成果)
ゴミを拾ったり、孫の世話でふとした時に無意識にしゃがめるようになった。

初めの内は、膝を曲げることに怖い感じがしたが正しい正座の重心を教わり痛くないことが分かってからは怖さがなくなった。それ以降、少しずつ正座時間が長くなり今では食事中も気にせず正座が出来るようになり本当に良かった。

 

あろは整骨院|仙台市青葉区,整骨院,女性スタッフ,四十肩,ギックリ腰,免疫力向上