交通事故通院|名取市在住 20代女性 職業:サービス業

交通事故診療症例(あろは整骨院)|仙台市青葉区本町の整骨院(接骨院)。プライベートを重視した完全個室となっております。

 

 

 

(初回来院時)
・1ヶ月前に自転車で出勤中、左側から車に追突され交通事故に遭う。ぶつかった衝撃を受け約2メートル飛ばされ、右半身をアスファルトに強打。 
・事故当日病院に搬送され検査の結果「むち打ち・右半身打撲」と診断。(薬を処方されている。吐き気止め・痛み止め)
・症状の改善が見られず、早く楽にしたいと来院。
    
診察時)
・顔色も悪く、うなずいたり、顔を下に向けるだけで気持ちが悪くなり、めまいがするとの事。
・食事もあまり取れていない。(吐き気が出る為)
・むち打ち症状も残っている。(首の痛み・腕の痺れ・背中の重苦しさ・めまい・吐き気・耳鳴り・頭痛など)
・仰向けで寝れない。寝ていても痛みや具合の悪さで夜4・5回も起きてしまう。
・歩行時のふらつきと右足を引きずっている為、スリッパも履けない状態。
・右半身の打撲痛は残っており、特に右の太ももは触っただけで痛い。
・太ももを上げる事が出来ずバランスが取れない。
・事故後、生理痛も酷くなり頭痛も出る。

(4回治療)
1回目治療後◆
・治療直後の休憩中、院内のソファーで気持ち良く寝てしまった。
・帰宅後、頭痛と右半身の筋肉痛の様な反応が出た。
・足裏の痛みと背中も痛くなった。これまでの痛みとは違う気がした。
・久しぶりに良く眠れた。夜1回しか起きず昼寝まで出来た。
2回目以降◆
・回数を増すごとに治療中の感覚がハッキリとしていた。
・治療後帰る途中めまいや右足が痛くなったりがしたが直ぐに治る。
・2回目の夜、右の胸部痛が出た。これまでは無かった痛みで少し驚いたが次の日には何事も無かったかのように痛みは消えていた。
・痛み止めの薬の回数も大分減り、飲まないでも居られる。
・吐き気も無くなり、食事も美味しく感じる。
・何よりちゃんと歩ける様になった。
・初めは治療後に現れる身体の反応に驚いていたが、身体が活発に治そうとしているのを実感し体調の変化や痛みの改善がハッキリと分かると言っている。
・薬が手放せず日に何度も飲んでいたのも飲まずに済んでいる。
・最近では良く寝れる(仰向けでも)、良く食べれる(吐き気も無い)、身体が楽に成ったとの事。

 

あろは整骨院|仙台市青葉区

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です